PMS(生理前症候群)

日本人の女性の8割が悩んでいるPMS(生理前症候群)

PMS

 

病院では一般的にピルなどの薬が処方されます。

当院には、薬に頼りたくないと来院される方が多いです。

 

PMSの主な症状

イライラ 感情の起伏が激しい

生理が近づくと、身体がだるくて何もしたくない

自己嫌悪に陥る

人の行動が気に障る

なんでもないのに悲しくなる

ひどい腹痛・頭痛などの生理痛

当院にPMSで来院されている患者さん100人のアンケートの結果、上記の症状が多いとの事です。

 

一般的にホルモンバランスの崩れが原因とされていますが、当院はそれ以外に内臓の位置異常による機能低下・他の臓器の圧迫、脳からの指令が上手くいかずに自律神経が乱れホルモンの減少などを考慮にいれて整体を行います。

例えば、便秘で腸が下垂すると子宮を圧迫しますし頭蓋骨が歪んでいて脳から指令が上手く行かないと子宮や卵巣はしっかり機能を果たしません。

当院のポキポキしない心地よい内臓・クラニアル(頭蓋骨)の整体で身体が健康になりPMSの悩みがなくなるようにお手伝い致します。

ページトップへ戻る