アトピーと偽喘息

2017年4月16日

アトピーの患者さんによくある症状で喉がイガイガやエアコンや気温差により急に咳がでることがあります。

これは、咳嗽(がいそう)を疑う必要があります。

アトピー咳嗽の原因はアレルギー体質という事とされてますが、喘息との大きな違いは喘息の薬気管支拡張剤が効かないという特徴があります。

アトピー咳嗽市販薬は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を使用します。

アトピー咳嗽漢方薬は症状に合わせて漢方薬と抗ヒスタミン剤やステロイド剤を使用しています。

当院の内臓•クラニアル(頭蓋骨)の整体で自律神経を整え炎症反応がなくなれば、自然と咳嗽が良くなるケースが多々あります。

まずは、ご相談ください。

関連記事

    記事はありませんでした

ページトップへ戻る