乳児アトピーの症状

 

 

乳児アトピーの症状

大人や、自分の状態をしっかりと訴えられる物心ついたお子さんであれば、自分の身体の異常を訴え、アトピーであることを周囲の人に理解してもらうことができます。しかし、まだ自分の状態をしっかり大人たちに伝えることのできない、幼いお子さんのアトピーは、周囲の大人たちが、子供の状態を把握し、アトピーであるかを判断してあげることが必要になります。

特に乳児期は、アトピー以外でも様々な、赤い湿疹(赤いぶつぶつ)ができます。じんま疹やアセモ、接触性皮膚炎、オムツかぶれ、赤ちゃんニキビなどです。

生後1~2ヶ月くらいの赤ちゃんは、肌から皮脂の分泌が多く湿疹が良くできますが、この場合は赤ちゃんニキビとなります。生後3~4ヶ月になると、赤ちゃんの皮膚が乾燥して、ガサガサになりますが、この症状だけではアトピーとは限りません。

 

アトピー症状の見極め

アトピーかどうかの判断基準は、一言で言えば「良くなったり悪くなったりする、慢性的に続くかゆみの強い湿疹」です。生後1~2ヶ月頃は、頭部から顔にかけて湿疹が発生しますが、その後、次第に下降していき、身体や手足にまで及びます。

皮膚症状は、赤い湿疹、ジュクジュク、全身の乾燥肌、皮膚が厚くなりガサガサしている(苔癬化)、耳切れなどが見られます。一般的には離乳食開始時期をピークに、1歳半から2歳頃には治癒することが多いです。

ですが、近年では小児・乳児の生活環境や治療の仕方が変わったため、成長しても治らず、長引いたり、大人になってもアトピーに悩まされる方が増えています。

ページトップへ戻る