アトピーの原因

 

アトピーは皮膚の排出障害

アトピーとは、体内の毒素が皮膚から排出されていることによって引き起こされる症状です。毒素がなぜ上手く分解・排出されないのかには、さまざまな理由があります。昔は、免疫反応の障害という要因が主だったのですが、今はストレスや偏った食事、生活習慣など環境による要因も大きくなっています。

かつては赤ちゃんの頃にアトピーを発症しても、成長するに従って治癒する、子供の病気でした。ですが、今では赤ちゃんの頃、アトピーを発症し、その時はステロイドなどで抑えていたとしても、成長した後でも、環境が変わった時などにまたアトピーを発症することがあります。身体の機能が成長するに従って内蔵など解毒機能も成長し、アトピーが自然に治癒していたものが、環境の要素が大きくなったために、アトピーが長引いたり、再発することがあるのです。

 

アトピーを防ぐためにはどうすればいいのか?

アトピーの症状の完治は難しいとされています。ステロイドなどで一時的に症状を抑えることはできますが、症状を完治することはできません。アトピーの症状の改善には、もっと大きな視点からの施術が必要です。

先にも申し上げた通り、アトピーとは、体内の毒素が皮膚から排出されていることによって引き起こされる症状です。この体内の毒素が上手く解毒できていない状態を正常に改善すること。つまりは、アトピーそのものではなく、アトピーを引き起こしている肝臓など内蔵といった身体機能や、生活習慣など環境を改善していくことが、アトピーの症状の完治につながります。

ページトップへ戻る